オリジナル動画を記事内に埋め込む2つの方法!検討した結果は…

スマートフォンで撮影したオリジナル動画をこのブログで観れるようにするため、記事内に動画を埋め込む方法について検討してみました。

方法は、次の2通りです。

  • このブログで使っているサーバーに動画をアップロードし、記事に埋め込む
  • YouTubeに動画をアップロードし、記事に埋め込む

両方試してみましたので、それぞれの結果について説明します。

スポンサーリンク

1.サーバーにアップロードした場合

このブログで使っているレンタルサーバーにWordPressのメディア追加機能を使って動画をアップロードします。そして記事内に動画埋め込み用のコードを書き込んでみました。WordPressを使っている方ならわかると思いますが、記事内に画像を埋め込むのと同じような操作で動画も簡単に埋め込むことができます。

↓↓レンタルサーバーにアップロードした動画を埋め込んだパターン↓↓

実際に再生してみると、インターネットの通信速度が遅い場合に画質の高い動画を再生するとスムーズに再生されないことがわかりました。視聴中に再生が途切れるとストレスを感じます。

2.YouTubeにアップロードした場合

今回、このブログ用にYouTubeのアカウントを作成し、動画をアップロードしてみました。YouTubeのアカウントは、携帯のメールアドレスがあれば誰でも簡単に作成でき、動画のアップロードも迷うことなく行えます。アカウント作成の際には、携帯のメールアドレスにGoogleから確認コードが送られてきます。注意点として携帯側でドメインの受信/拒否設定をしている場合は、設定状況によりメール届かないことがありますので解除しておきましょう。私の場合も、メールが届かなかったので設定を解除したところ無事に届きました。

さて、YouTubeにアップロードした動画を埋め込んだ結果です。

↓↓YouTubeにアップロードした動画を埋め込んだパターン↓↓

YouTubeの動画は、インターネットの通信環境に合わせて再生時の画質が自動で設定されます。通信速度が遅い場合は、できるだけスムーズな再生ができるように自動で低画質の設定になります。再生速度も視聴者側で設定でき、動画はSNSで簡単に共有することができるので便利です。

また、YouTubeにアップロードした動画は、「動画加工ツール」を使ってフィルタやぼかし効果も設定できます。まだアカウントを作ったばかりで使いこなせていませんが、簡単な編集ならYouTube上でできそうです。

最後に

今回2つの方法で検討した結果、YouTubeに動画をアップし、共有用のコード取得して記事内に埋め込む方法を採用したいと思います。視聴者側で画質や再生速度の設定ができ、SNSを使って共有もできるため、メリットが大きいと思ったからです。

また予定外な結果ですが、Googleでこのブログ名「ブラウズ日和」を検索したところ、なんと一番上に表示されていました!!

YouTubeのアカウントにこのブログ名を使っているので、Googleの検索エンジンが引っ張ってきているようです。検索結果の説明内容が英語になってたり、キャプション画像が違うような気もしますが、とりあえずブログ名の検索で上位表示されています。(このブログ自体はまだ表示されていませんが…)

とりあえず、工夫すればYouTubeからブログへのアクセス流入が期待できそうです。(^-^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク