外国のサイトを日本語で表示させる方法

外国のサイトを日本語表示で見たいと思ったことはありませんか?

そのようなときは、ブラウザ「Google Chrome」を使うと簡単に日本語に翻訳された状態で見ることができます。完璧な翻訳とまではいきませんが、ある程度は理解できる状態に翻訳されます。

スポンサーリンク

日本語で表示させる手順

日本語で表示させるには、下記の手順を参考にしてください。

まず、ブラウザ「Google Chrome」で日本語表示させたい外国のサイトを開きます。ここでは例として動画配信サービスの「Live Leak」にアクセスしてみます。アクセスしただけでは英語の状態で表示されています。

URLを入力するボックスの右端に翻訳を指定する「アイコン」が表示されていますので、そこをクリックします。

すると、翻訳するかどうかを聞いてくるので、「翻訳」をクリックします。

すると日本語に翻訳されてページが表示されます。コンテンツだけでなく、メニューも日本語表示になっています。

Chormeの設定変更

下記のように翻訳を指定するアイコンが表示されていない場合は、Chormeの設定変更を行います。

画面右端の「アイコン」をクリックしてメニューを表示させます。

設定」をクリックします。

設定用のタブが表示されるので、画面下までスクロールし、「詳細設定を表示」をクリックします。

母国語以外のページで翻訳ツールを表示する」にチェックを付けます。

設定タブを閉じます。

ページの再読み込みを行います。

翻訳を指定する「アイコン」が表示されるので、最初に説明した手順[日本語で表示させる手順]を行うことで翻訳表示させることができます。

最後に

日本のサイトだけでなく、外国のサイトも参考にするようになれば情報の幅が広がります。翻訳機能を使わず、そのまま読めるくらいに語学力を身に付けることが一番ですが、私を含め外国語が苦手な方にはうれしい機能です(^-^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク